同窓会と母校の歩み

明治14年09月15日護国寺境内に私立獣医学校創立
明治25年11月私立東京獣医学校として再興
明治44年02月私立日本獣医学校として再興
明治45年04月蹄鉄工科新設
大正06年10月14日日本獣医学校第1回同窓会を開催
昭和05年05月04日日本獣医学校同窓会会則を制定
昭和12年02月05日日本高等獣医学校の設立後援を目的に後援会規約を制定
昭和12年03月目黒から武蔵境に全面移転
昭和13年04月01日日本高等獣医学校の設立認可
昭和15年08月11日私立獣医学校からの卒業生を一体化し日本高等獣医学校校友会を創設
紀元二千六百年記念事業として武道館建設を企画、資金を募集し12,000円の目標達成
昭和16年07月05日校友会第1回総会で、支部に関する規定および支部準則を制定
昭和16年09月20日大本山護国寺境内に木標「日本高等獣医学校発祥の地」を建立
昭和20年01月21日日本獣医畜産専門学校と改称
昭和21年07月13日日本獣医畜産専門学校校友会に改め、校友会会則を改変
昭和21年11月17日大学昇格期成会が発足し、昇格資金の募集を開始
昭和22年04月01日畜産学科の設置
昭和25年04月大学設置認可条件を満たすための委員会が発足、建設資金を募集
昭和27年02月15日学校法人日本医科大学と日本獣医畜産大学が合併
昭和32年06月09日日本獣医畜産大学同窓会定款を承認、同窓会費300円、新入生の入会金1,500円と設定
昭和32年06月10日「日本獣医畜産大学同窓会誌」第1号を発刊
昭和36年11月05日創立八十周年記念会の祝賀会を椿山荘にて開催
昭和37年09月26日会費500円、新入生入会金3,000円に改正
昭和39年10月25日母校の学部化問題で理事が総辞職、新理事が選出され定款を改正
昭和41年06月11日同窓会の目的達成のため日本獣医畜産大学への後援を掲げる
昭和42年04月畜産食品工学科設置
昭和42年12月05日第二校舎竣工
昭和43年02月13日今井治郎学長の業績を記念するため胸像を建立
昭和43年04月畜産学科を経営畜産学科に名称変更し再開
昭和43年04月01日同窓会会費を1,000円に改正
昭和46年11月07日創立九十周年記念式典がホテルニューオータニにて挙行
昭和47年06月同窓会から法人の評議員会、理事会に参加を要請
昭和48年06月25日創立九十周年事業の図書館が竣工
昭和49年06月18日日本獣医畜産大学同窓会会則制定
昭和51年11月28日付属小野田牧場竣工
昭和52年07月23日同窓会費は2,000円に改正
昭和53年06月03日創立百周年記念事業委員会を設置、2億円を目標に募金活動を開始
入会金を獣医学科15,000円、動物・食品科学科10,000円に改正
昭和59年07月10日新校舎(現D棟)竣工
昭和59年11月同窓会から学校法人日本医科大学理事に1名が選出される
昭和62年11月17日同窓会から学校法人日本医科大学評議員が3名が選出される
昭和63年07月03日同窓会会則を改定し代議員制に変更、会則に施行規則を追加
平成元年09月03日第一回代議員会を開催、21支部から代議員25名が出席
平成03年11月09日創立百十周年祝賀会を京王プラザホテルで開催
同窓会は校旗を贈り、創立百十年の歩みを綴った記念誌を発刊
平成05年06月30日富士アニマルファーム竣工
平成06年07月31日入会金を各学科一律50,000円に改正
平成06年11月同窓会は狂犬病撲滅に貢献した3名の顕彰事業に協賛
平成07年07月30日平成9年度から同窓会費3,000円、支部助成費を300円に改正
平成08年03月21日日本医科大学将来構想検討委員会は@日本獣医畜産大学は印旛校地へ移転 A一法人一大学の2点を決議 同窓会は大学将来構想検討委員会の議決に反対の要請書を提出
平成10年07月26日文部省の指摘事項である教育・研究施設等の環境整備が行われず、母校の存続が危ぶまれる事態が推測された。このため同窓会は教育棟建設に対して会員に資金を募り(約5億円)、建設計画を法人理事長に認可する旨を要請
平成11年01月25日法人から同窓会からの資金援助の申し入れを受ける旨の回答を得た
平成11年03月18日学生会員への努力賞を設け、卒業時に模範学生を表彰
平成12年04月01日畜産食品工学科を食品科学科へ名称変更
平成12年07月30日食品科学科・経営畜産学科のより充実発展を図るため、両学科の卒業生から役員を増員する会則の一部を改正
平成12年09月29日創立百周年記念事業の醵金約1億円を基に、母校教育棟建設承認を法人理事会に要請
平成12年10月25日動物医療センター建設について、学長および法人日本医科大学理事長と合意
平成13年04月経営畜産学科を動物科学科へ名称変更
平成13年07月29日同窓会奨学金制度を制定
平成13年11月10日創立百二十周年記念式典・祝賀会に協賛、新高輪プリンスホテルにて開催
平成14年04月創立百二十周年記念事業として日本獣医畜産大学付属動物医療センター建設に協賛・支援、募金目標額5億円
平成14年08月同窓会交流会の地方開催に協賛・支援
平成15年04月01日獣医学部と応用生命科学部が発足、動物保健学別科を設置
平成15年05月31日動物医療センター竣工記念号の発刊(同窓会誌第28号)
平成15年06月04日母校動物医療センター(現C棟)が竣工
平成16年04月同窓会努力賞を同窓会長賞に変更
平成16年09月創立百二十五周年記念事業教育施設の建設に対する協賛・支援 募金目標額3億円
平成17年03月31日動物保健学別科廃止
平成17年04月01日獣医保健看護学科新設
平成18年07月29日日本獣医生命科学大学と名称変更により、会則の一部改正し日本獣医生命科学大学同窓会に変更
平成18年08月同窓会のWebを開設
平成19年05月動物医療センター建設の醵金者を銅板に刻銘し、同センター北玄関に設置
平成19年06月12日創立百二十五周年記念教育棟(現A,B棟)が竣工
平成19年06月18日創立二十五周年記念棟竣工記念切手と絵はがきを作成頒布
平成19年07月22日日本獣医生命科学大学同窓会個人情報保護規程を制定 母校若手研究者に対する奨励として梅野信吉賞へ協賛
平成19年11月22日母校へエンブレム旗を寄贈
平成22年10月創立百三十周年記念の事業に協賛・支援を議決、募金目標額5億円
平成23年09月18日創立百三十周年記念事業の記念式典、祝賀会が常陸宮同妃両殿下、来賓をお招きし帝国ホテルで開催
平成24年10月17日創立百三十周年記念事業として、大本山護国寺境内に「私立獣医学校発祥之地」の記念碑を建立
平成25年11月連携動物病院制度が発足
平成26年03月16日創立百三十周年記念事業の合同教育棟(現E棟)が竣工

卒業生

私立獣医学校(明治14年〜同22年)

本科 78名

私立東京獣医学校(明治25年〜同35年)

本科 129名

私立日本獣医学校(明治44年〜昭和13年)

本科 2,002名
蹄鉄工科 415名

日本高等獣医学校・日本獣医畜産専門学校(昭和13年〜同27年)

本科 1,750名
専攻科 121名
二種研究科 460名
畜産科 110名

日本獣医畜産大学・日本獣医生命科学大学

獣医学科4年制(昭和28年〜同60年) 3,641名
獣医学科修士積上方式・6年制(昭和59年〜平成27年) 3,282名
動物保健学別科(平成17年〜同18年) 94名
獣医保健看護学科(平成21年〜同27年) 645名
畜産学科・経営畜産学科・動物科学科
   (昭和25年〜同32年、昭和47年〜平成27年)
2,861名
畜産食品工学科・食品科学科(昭和46年〜平成27年) 3,526名

大学院獣医生命科学学研究科

獣医学修士課程修了者(昭和39年〜同59年) 138名
獣医学博士課程修了者(昭和42年〜平成27年) 169名
獣医保健看護学専攻前期課程修了者(平成22年〜同27年) 39名
獣医保健看護学専攻後期課程修了者(平成25年〜同27年) 4名
応用生命科学専攻博士課程前期修了者(平成18年〜同27年) 71名
応用生命科学専攻博士課程後期修了者(平成22年〜同27年) 4名

集会案内

申請書類

同窓会本部

  • 東京都武蔵野市境南町1-7-1
    直通電話・FAX 0422-33-2916
    E-mail dosokai@nvlu.ac.jp
Copyright(c) 2015 日本獣医生命科学大学同窓会 All Rights Reserved.